干渉波治療器

周波数の異なる電流を体に流すと、体の深部でぶつかり合い、低周波の刺激が発生します。電流同士がお互いに干渉することから「干渉波」と言い、この原理を利用したのが干渉波治療器です。

低周波は皮膚抵抗が大きいため、体の深部まで届きませんが、干渉波によって作り出された低周波は、体の奥の痛みを和らげたり、筋肉を収縮させてポンプ作用を活発にし、血行を促進したりします。

また、麻痺して乱れた神経回路に作用し、神経の正しい伝達を促します。施術時では、低周波は皮膚にピリピリした痛みがあるのに対し、干渉波は皮膚への痛みがあまりなく、施術を受ける方も安心して施術を受けることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年2月17日 | カテゴリー : 治療一覧 | 投稿者 : oka-s.net