テレワークが増えることでの弊害(鍼灸師的考察)②-2

テレワークが増えることでの弊害(鍼灸師的考察)②-2

テレワークによる弊害を鍼灸師的に考察します。

鍼灸師いち個人の見解となりますので、ご了承下さい。

第一弾テレワークが増えることでの弊害(整体師的考察)①リンク▶︎▶︎▶︎https://oka-s.net/?p=1376

テレワークが増えることでの弊害(鍼灸師的考察)②-1リンク▶︎▶︎▶︎https://oka-s.net/?p=1385

テレワークによる弊害を考えたいと思います。

お客様からも聞くことで、確認出来た点として、テレワークにより、電話でのやりとりが増えているとのこと。

そんな電話応対が、急遽増えた方が、首を痛めたと訴えて来院されました。

首の痛みを訴えているなかでも頸の左前側の痛みを訴えられていて、

探ってみると、

電話でのやりとりが増える中で、ヘッドセットを付けての電話応対が続いていたようです。

ずっとヘッドセットの左右は変えず、左の耳で注意深く聴こうとするようなことが続いたようで、そうしたことも、頸部の痛みを作ってしまった要因の一つと考えました。

そうした偏ったアンバランスな筋肉の張りは、歪みを引き起こして、

その歪みは、安定した自律神経の流れを妨げることにも繋がります。

筋肉・感覚、ともにバランスよく使ってみること、心掛けてみてもいいかもしれませんね。

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

テレワークが増えることでの弊害(鍼灸師的考察)②-1

テレワークが増えることでの弊害(鍼灸師的考察)②-1

前回のブログに引き続き、コロナウイルス拡散防止の対策として、自宅待機やテレワークが推進される中での一つの見解を挙げていきます。

テレワークによる弊害を鍼灸師的に考察します。

鍼灸師いち個人の見解となりますので、ご了承下さい。

第一弾テレワークが増えることでの弊害(整体師的考察)①リンク▶︎▶︎▶︎https://oka-s.net/?p=1376

テレワークによる弊害を考えたいと思います。

お客様からも聴取したことで、特に気になったことが自律神経を鈍らせてしまうことを感じました。

自律神経が鈍ってきてしまうことで、起こり得る弊害計り知れません。

人が意識せず、動かして不随筋というものは、自律神経によって動かされています。

一番分かりやすいものが内蔵です。

内蔵機能が安定した働きを保てなくなることで、様々な症状が現れてきます。

自律神経を鈍らせてしまう要因として考えられる、特に気になったことを2点挙げたいと思います。

1点目は、時間の感覚が鈍ることにあります。

特に、いつ出勤で、いつ退勤という括りもない場合、いつまででも出来てしまうこと。

そこで、生活のリズムが狂ってしまい、生活リズムが乱れることで、自律神経が鈍ってきてしまいます。

正直このことに関しては、こうした弊害はあるものの、日本に蔓延しているとも思える

、みんな一緒みたいな発想で、成果云々限らず、さぼらないこと・みんなでやっていることを美徳と不毛に考えることがなくなるのであれば、個人的には推進されることを願いたいところです。

>>>

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

テレワークが増えることでの弊害(整体師的考察)①

ここ最近、増えているテレワークについて、その弊害について、整体師的な考察によって挙げていきたいと思います。

まずテレワークとは、

「テレ=離れた所」、「ワーク=働く」

離れた所で、働くの意味となる。

コロナウイルスの感染リスクを減らす意味で、大勢が一堂に介する機会を減らして自宅などで業務を行うことを勧めています。

そこで、今回は、整体師的な考察です。

まずは、いつもと違う姿勢での業務を行うこととなります。

そこで、いつもと違う椅子や机での作業となり、慣れない姿勢で業務に取り組むことで、いつもはない疲れや痛みが出ることも往々にあります。

あらためて、仕事する座った状態を見返してみましょう。

座った状態で、足が床に付いているか?

膝の角度、ニュートラルな状態で、90度を維持出来ているか?

腰の角度はややお腹を出す方向に湾曲して、背もたれを使えているか?

手をパソコンのキーボードに置いた状態で、肘の角度90度ぐらいで、リラックスを維持出来ているか

などなど。

まず、いきなり、仕事に取り掛からず、見直してみましょう。

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

オスグッドー成長期に多い症状

成長期に起こりやすい痛みの症状で、

オスグッドシュラッター病(通称:オスグッド)について、記します。

成長期に大腿四頭筋の繰り返しのけん引力が加わり、膝蓋腱(大腿四頭筋の筋力を効率良くすねの骨に伝達する働き)の付着部である脛骨結節(膝のお皿の下のでっぱた部分の骨)に力が加わり、骨の軟骨の一部が剥離と修復を繰り返し炎症を引き起こすことで痛みが発生します。

男子は13歳前後。女子は11歳前後に、急激に成長する時期があります。

骨の縦方向の成長に、筋肉や腱の伸長が追い付けず、

骨の成長と比較して、筋肉・腱が短縮してしまい、起きる症状です。

なので、成長期に起こりやすい症状となります。

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

胃腸が冷えると免疫力低下!?インフルエンザや花粉症の予防に

冷えは万病のもと。

冷えを取り除いて、代謝力の高い身体を作って、免疫力アップ♪

中から、いくら乳酸菌なりで、花粉の対策をしても、冷えた活発ではない内臓では、どうしようもないです。

まずは、取り入れることが出来る身体作りに。

当院の鍼灸マッサージもおススメです♪

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

眼精疲労

眼精疲労とは、まさに、現代病のひとつと言えます。PC作業等で、目を使う作業を続けることを原因として、目の疲れや痛みなどの症状に加えて、頭痛や肩こりなどの全身症状も呈するようになる状態を指します。眼精疲労では、目や全身の症状は休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態になっています。

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

2019年3月6日 | カテゴリー : 症状一覧 | 投稿者 : oka-s.net

打撲

打撲は、転倒や何かにぶつかるなどした場合に起きる組織損傷、言わゆる「打ち身」のことです。

打撲は、治療できないものと認識されている方も多いですが、早期の回復の方法は、症状によって、色々あります。基本的に、整骨院で、保険適用での治療が出来ます。

お気軽にご相談ください。

打撲ー丘の上整骨院

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

2019年3月5日 | カテゴリー : 症状一覧 | 投稿者 : oka-s.net

捻挫

スポーツ中や日常生活で転倒したときなどに、関節に運動範囲以上の負荷がかかったときに起きる外傷です。手首や足首などの関節が捻ることでの捻挫が多く知られていますが、首や腰でも起こるものです。

捻挫ー丘の上整骨院

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

2019年3月4日 | カテゴリー : 症状一覧 | 投稿者 : oka-s.net

こむらがえり

「こむらがえり」とは、ふくらはぎに起こる筋肉の痙攣を指します。

スポーツをしていて急に足がつったり、就寝中に引っ張られるような足の痛みで目覚めたり、寒い時期に体を伸ばしたら痙攣したりといった症状となって現れます。加齢によって、こむらがえりを起こす回数が増える人が多く、ときには何度も繰り返す場合があります。筋肉が硬直した状態となり、強い痛みを感じます。しばらく時間をおかないと、立ち上がれないぐらい痛いこともあります。


こむらがえりの原因としては、水泳中や寝ているときなどによく起こります。水泳中は体が冷えて皮膚の知覚が低下しているために起こります。就寝中は、足の甲とすねが一直線になる体勢を長時間続けるため、感覚器官がうまく働かないために起こりやすくなります。また長時間スポーツを続けて大量に汗をかき、脱水状態になったときにも引き起こすことがあります。原因としては、運動不足や筋肉疲労、水分不足が上げられますが、ミネラルのバランスが崩れると筋肉の痙攣が起きやすいとも言われ、中高年がこむらがえりになりやすいのは、汗や尿と一緒にミネラルが体外に排出される量が増えるからだとされています。

こむらがえりー丘の上整骨院

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

脱臼

脱臼は、骨と骨を繋ぐ可動部関節が外れて、異常な位置で留まっている状態のことです。 脱臼も、整骨院で、保険適用にて治療を行うことができます。

初診は、応急処置のみになりますが、医師の診断の元、整骨院で、リハビリを続けていく事ができます。

脱臼ー丘の上整骨院

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

2019年3月2日 | カテゴリー : 症状一覧 | 投稿者 : oka-s.net