テレワークが増えることでの弊害(整体師的考察)①

ここ最近、増えているテレワークについて、その弊害について、整体師的な考察によって挙げていきたいと思います。

まずテレワークとは、

「テレ=離れた所」、「ワーク=働く」

離れた所で、働くの意味となる。

コロナウイルスの感染リスクを減らす意味で、大勢が一堂に介する機会を減らして自宅などで業務を行うことを勧めています。

そこで、今回は、整体師的な考察です。

まずは、いつもと違う姿勢での業務を行うこととなります。

そこで、いつもと違う椅子や机での作業となり、慣れない姿勢で業務に取り組むことで、いつもはない疲れや痛みが出ることも往々にあります。

あらためて、仕事する座った状態を見返してみましょう。

座った状態で、足が床に付いているか?

膝の角度、ニュートラルな状態で、90度を維持出来ているか?

腰の角度はややお腹を出す方向に湾曲して、背もたれを使えているか?

手をパソコンのキーボードに置いた状態で、肘の角度90度ぐらいで、リラックスを維持出来ているか

などなど。

まず、いきなり、仕事に取り掛からず、見直してみましょう。

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-14-6

03-3352-0288

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

・・・新宿三丁目駅、新宿御苑前駅からすぐの丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院!自賠責保険対応で、交通事故治療も対応。鍼灸マッサージ院も併設しているので、肩こり・腰痛の対応もしています。年中無休・毎日深夜24時までやっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレワークが増えることでの弊害(整体師的考察)①」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: テレワークが増えることでの弊害(鍼灸師的考察)②-1 | 丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

  2. ピンバック: テレワークが増えることでの弊害(鍼灸師的考察)②-2 | 丘の上整骨院・鍼灸マッサージ院

コメントは受け付けていません。